Menu

売りたいタイミングですぐに売る

0 Comment

カメラを購入する時点でいつ買取に出すのかということは頭に入れておきたいところです。カメラは購入してからの時間が経過するに従って買取価格が下がってしまいます。基本的にプレミアがつかない限りにおいては持ち続けると買取価格が下がり続けるということです。そうであれば売りたいタイミングですぐ売るということが大切です。

次のモデルが販売されるまでに売ってしまう

製造年が近いほど高く売れる可能性がありますが、年数が経過するにしたがって新しいモデルが出てくる可能性が出てきます。新しいモデルが販売されると、それまでの新しいモデルは古くなりますので、それに従って買取価格が下がってしまいます。したがって、新モデルの発売開始前に買取に出すのが最適だと言えます。

使用していないから状態がいいというわけではない

カメラは使用感がないほど新しいわけですから、状態がいいという風に判断されて買取価格がアップすることが多いですが、ただずっと放置しているという理由で使用していないということは決していいというわけではありません。使用していない状態であっても経年劣化は起きますので、意外と状態が悪くて買取価格が下がるということにもなりかねません。

不要になってカメラをしまっておいたとしても、保管状態が良く無ければどんどん買取価格が下がります。いらなくて保管をするくらいなら、とっとと宅配買取であっても買取に出すのがいいでしょう。

売りたいタイミングでサッと売ってしまう

カメラの買取に出すタイミングというのはそれを決めた時すぐというのが正直なところです。できるならば製造してから早く売ったほうが高く買取ってもらえます。使用していないから状態がいいわけではないので、サッと売ってしまったほうがいいです。

関連する記事